犯罪の抑制と早期解決に効果的!住宅の監視カメラ

住宅模型

ドアに鍵を二つ以上設置

防犯

空き巣の手口ではピッキングが一般的と考えている人は多くいるでしょう。最近ではピッキング対策で、通常の鍵よりもピッキングすることが難しい鍵に鍵交換している家庭も多くなっています。ピッキング対策をすることはとても有効的です。ピッキングに時間がかかると空き巣は諦めるというデータもあります。しかし、それだけでは防犯対策は不十分です。なぜなら、空き巣の手口はピッキングだけではないからです。

空き巣の実際の手口はとても凶悪です。ピッキングが無理と判断すると、バールで力づくに鍵をこじ開けるケースもあります。ドリルを使い鍵穴を破壊して住宅に侵入する空き巣もいます。さら、サムターン回しと行ってドアにドリルで穴を開けて、ドアの内側から金属の棒で鍵を開ける方法もあります。このような空き巣の手口には、ピッキングに有効な鍵に鍵交換を行なっても犯罪を防ぐことが出来ないでしょう。

では、どうしたら空き巣の被害を防ぐことが出来るのでしょうか。空き巣の被害を非セグ効果的な方法は鍵交換の際にもう一つ鍵を取り付けてもらうことです。一つのドアに対して鍵を二つ以上取り付けましょう。先程も少しいいましたが、空き巣は解錠まで時間がかかると諦めてしまいます。解錠までに5分以上時間を使うと空き巣の被害は半分以下になるそうです。そのため、効果的なのが鍵交換の際にもう一つ鍵を付ける方法です。鍵が増えることで住宅に侵入されるまでの時間をかせぐことが出来ます。住宅の防犯面を考慮した場合は、鍵交換で鍵をもう一つ増やしましょう。